ロゴ
HOME>Column>洗濯機の取付はプロに任せよう!業者への依頼方法

洗濯機の取付はプロに任せよう!業者への依頼方法

洗濯機

電話やメールで簡単に依頼できる

引っ越しの際などの洗濯機の取付けはどのようにするのがよいでしょうか。まれに引っ越し業者のサービスとして無料で行うことがあります。「自分で取付けるのは大変なので、ついでにやってもらえばありがたい」と単純に依頼しがちですが、そこには大きな落とし穴があります。引っ越し業者の現場作業員は電気工事の専門家ではありません。もしも、万が一、トラブルが発生しても、何の責任も発生しないため、責任追及もできず補償もしてもらえないことになります。もしも、マンション等の集合住宅で、洗濯機の水漏れなどの問題が起きてしまうと、自宅の床だけでなく下の階にまで影響が及ぶので、賠償等で大変なことになってしまいます。そのようなトラブルにあわないためにも、やはり取付けはプロの業者に任せるべきです。今は電話やメールで対応してもらえるので、依頼も簡単にできます。

洗濯機

取付作業の流れ

事前に、業者のホームページ等で料金や水漏れに関しての補償内容を確認しておくと良いでしょう。実績や電話とメールでの対応も信頼のポイントになります。取付け作業の手順としては、まず排水ホースを接続するところから始めます。この時。洗濯機が排水ホースを踏んでしまうと、脱水がうまくできなくなりエラーになります。あるいは、踏んでいるところからホースが破損し、水漏れになってしまうこともあるので気をつけましょう。排水ホース接続の後は、給水ホースの接続に移ります。実はこの部分からの水漏れもありがちなことで、原因はパッキンの劣化とサビやゴミなどです。この場合は接続後、しばらく使ってからでないとわからないです。対処方法は給水ホースの先の水洗いか新品のホースとの交換です。その後アース線の接続をして、試運転で問題がなければ完了です。